まさお日記

四六時中いい音楽を探し、いい音楽を聴いています

校内問題とネット

音楽とは関係ない話ですがまあ教育系の大学に通う身として、実体験もふまえてお話を一つだけ。何かの検索に引っかかると面倒なので伏せた表現あるけど悪しからず。

 

「**県の私立校に通う男子生徒が教員に暴行、生徒を逮捕」

 

さっきこういうニュースが目に入って調べたところによると、どうやらなんか生徒がキレて教師を蹴ったりしている動画がTwitterに投稿されて拡散されて・・・みたいな感じらしい。なんか今どきって感じの捕まり方やなーって思う。ネットに投稿されたのがきっかけで逮捕とか最近よく聞くし。

 

まあもちろん男子生徒の高校やら本名やら住所電話番号彼女友だち全部晒されてます。このなんでもかんでも晒す、って風潮すごく嫌いなんですけどそれだけじゃなくてですね…

 

校内で何か問題が起きてこんな感じで世間で話題になってしまうと、その学校に通ってる、問題とは関係のない生徒もストレスを感じてしまう。で、今はネットがあるから手軽にダイレクトに知らなくていいことまで知ってしまう、これがきつい。

 

僕の通ってた高校では2つほど事件があって、一つめの事件は特に深刻で、ちょうど自分の受験期と重なってて。自分の学校が大変なことになってるってやっぱり動揺してしまう。そのときはTwitterではいろんな友だちがいろんな意見を呟いていて、なかには「今呟くのはタブー」て意見もあったり、言い合いになってたりでとてもじゃないけどタイムラインは見れるものじゃなかった。僕はといえばやっぱりテレビでそのニュースが流れると動揺したし、2chとかTwitterとかで調べてしまった。「この高校クソだな」とか見たくないものもいくつも見た。当事者の名前とか普通にネットに出てるのが怖かったし、個人的に今の大学を目指す身としては「教師の対応が」とか「学校の対応が」とか散々言われてるのを見るのが嫌で持ってるTwitterアカウントは全部消した。もう一個の事件は自分が卒業してからのことで、もう呆れるぐらいひどいものだった。やらかしたのが3年の担任だったってこともあって、受験を迎える生徒たちは絶対に混乱したに違いないし、その子たちがかわいそうで仕方が無かったな。でもなんか問題起こした教師の顔写真Twitterにあげてる知り合いもおって、いやお前さすがにそれはちゃうやろ・・・ってなった。

 

いじめ、教員の逮捕、体罰、自殺、校内で起きる問題、事件はどうしても大々的に広まりやすい。直接的に事件に関連のある人だけでなく、その学校に通う他の生徒も”当事者”になってしまう。なにか校内で問題起きればそのことに関して、余計なこと言ってしまう人、いらん情報を仕入れる、流す人、騒ぐ人、黙る人、いろいろな反応や意見がでてきてぶつかり合ってなんかほんまにイヤーな雰囲気なるんです!ただでさえそうなるのにネットを見てしまえばもっと話がややこしくなるからもう本当にややこしくてややこしい。じゃあネット見るなよ・・・て話やけどもう僕らの世代それ無理だから!検索しちゃうから!

 

今日のニュースに関して言えば、顔は見たことあるぐらいの仲だとしてもそいつがTwitterで名前やら住所やら晒されてたら普通に「いやまじかこっわ。。。」ぐらいの動揺は誰でもしてしまうと思う。「Fラン高校」とか言われてたし普通に気分悪いと思うねんなその高校の他の生徒も。

 

こういう事件が起きるたびに、どうにかならんのかなあ、って毎回モヤモヤしてしまう…

絶対今頃その高校の子らはTwitterとかでいろいろ調べたり、呟いたり、擁護するしないで揉めたりしてる。

 

例えいい意味であっても中高生が顔出してるものでバズるのは危険って思ってる身やけども、せめて体育祭で公開告白とか文化祭のダンスのクオリティがすごいとかいう感じでバズるネット世界であってほしいな-。「あの動画、うちの高校の子やで!しゃべったことないけど!」って別に関係ないやつまで自慢しちゃうみたいな。そう上手くはいかないかー。

 

 

おやすみ